子供2人の大学費用”1000万円”を用意するには?

こんにちは。今日は教育費シリーズ第三弾です!ズバリ、2人の子供の大学教育費500万円×2をどうやって確保するのか?という内容です。

第1〜2弾の記事は下記からどうぞ〜。

児童手当だけで大学を卒業させることができるのか?
こんにちは、今日は児童手当について考えてみたいと思います。 私自身も子供がおりますので、児童手当はかなり助かる制度だなあと思っています。 ...
児童手当で大学資金500万円をカバーできるか?
こんにちは。今日は児童手当を運用することで、大学資金500万円をカバーしてしまおうという計画の途中経過です。   ...

1000万円はキリのいい数字なので、まずは4分割します。①〜④としましょう。

①〜② 第一子の教育費
児童手当は一人当たり200万円もらえるので、二人分を第一子に投入し元本400万円。これを投資で増やすことで500万円にする!以上笑

これはシンプルですね〜。松井証券に口座を作って、4ヶ月に1回児童手当が振り込まれるたびにそこに転送。投資信託と日本株を中心に買っていきます。考え方は、松井証券のロボアドで毎日数百円単位でコツコツ買うのと、18年という期間を活かし、もうこれは底だろうという株やリーマンショッククラスの大恐慌の時に買いまくる。という2つの戦術です。

③〜④ 第二子の教育費
まずは③から見ると、私が入っている個人年金(60歳まで支払う)を第二子が大学生になったら早期解約。大体250万円。以上笑。これは金額が確定しているので安心しています。

次に④ですが、毎月メイン口座から10,000円ずつ楽天証券へ自動転送。18年で200万円強です。以上!でもいいのですが、キャッシュをためておいて、次の不況の時にドカンと投資しようと思います。これも我慢が大事です。

振り返ると、第一子は運用のみで勝負なので、少しリスキーかもしれません。まあでも第二子でバランスをとり、2人トータルで勝ちたいと思います(本当は一人ずつバランスをとりたいのですが、シンプルさを追求しています)。勝ちとは?子供が順調に育ち、海外留学に余裕で行かせられるくらいの利益を出すことでしょうか。

頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする