1ヶ月の家計簿をつけてみた(2016年8月)

こんにちは。前回は経済的自由とは?という記事を書き、経済的自由を達成するための2つのステップについて紹介しました。考え方は次の通りです。

①自分のための元手を作る(=貯金する)
②お金に働かせて、お金を生む(=不労所得)

どんなに投資成績が良くても、元手がなければ意味が意味がありません。まずは収入>支出を心がけ、お金を貯めていくことが必要です。

まずは自分の足元の生活を見直そう!ということで、一ヶ月の家計簿をつけてみました。

money_chokinbako

手取り収入を仮に25万円とすると(あくまで仮の数字)、

支出は29万円でした!(仮の数字)。

なんと月々マイナス4万円の赤字(マイナス額はホント)。

内訳を見ていくと(カッコ内は標準的な割合です)、

食費    10%(14%)
住居費   22%(25%)
水道光熱費  6%(6%)
通信費    6%(5%)
夫婦小遣い 32%(10%)
教育費    6%(10%)
保険     2%(6%)
趣味娯楽費  4%(2%)
被服費    2%(3%)
交際費    2%(2%)
日用品    4%(2%)
貯蓄    16%(12%)
その他    6%(3%)

収入を100%とすると、支出合計116%です。完全な赤字家計でした。。。。

原因も、完全に小遣いが異常な額であることが明確です。

緊急家族会議を開催しましたが、小遣いは減らさずw、月々の収支をプラスマイナスゼロに持っていくことができないかを考え中です。

細々した節約はしますが、まずはマイナス分の4万円を稼ぐ、を当面の目標にしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする