IELTS過去問と本番のスコア関係

こんにちは、本日は英語試験IELTS(アイエルツ)をテーマにします。

IELTS(アイエルツ)は世界で300万人が受験し10,000以上の教育・国際機関、企業等が認定。海外留学や移住目的における英語能力テストのグローバルリーダーです。

出典:http://www.eiken.or.jp/ielts/

上記説明もよくわかりませんが、要はTOEFLのイギリス版だと思えばよいです。主に欧州へ移住や留学(TOEFLは主に米国)をする際に受験する英語試験です。Listening, Reading, Writing, Speakingの4技能が問われます。TOEICがListeningとReadingのインプットだけに対して、WritingとSpeakingというアウトプットもあるのが特長です。

私自身は英語力を試すために、年に1回受験をしていますが、今回わかったことがあります。それは過去問と本番スコアの関係です。

IELTSには公式の過去問集が存在します。その名も「Authentic Examination Papers」です。資格試験の鉄則は「過去問攻略」ですが、今回私はシリーズ最新作の12を解いて本番に臨みました。1冊には4回分の過去問が収録されています。

さて、、、、、、、過去問の結果と本番の結果が出ました…!!

①過去問の結果(ListeningとReadingのみ)

第1回 L6.5, R7.0
第2回   L7.5, R7.5
第3回   L7.0, R8.0
第4回   やってない

②本番の結果(ListeningとReadingのみ)

2018年4月受験 L7.0, R8.0

テスト形式に慣れてきた過去問の最後の点数と、同じ点数が本番で出ました!アウトプットのWritingとSpeakingは自分で採点不能かつ当日の出来で大きくブレることを考えると、インプットでスコアが担保できることは、受験戦略に大きく関わってくると思います。私はn数が3しかありませんでしたが、シリーズ12, 11, 10まで手を伸ばすとn数を12にでき、かなり信頼性のあるデータになります。

過去問でインプットが目標値に届けば、テスト申し込みへGO!が今回の結論です。

IELTSについては、今後も記事をいくつか書きたいと思いますのでお楽しみに!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする