2017年上期のメルカリ利益

こんにちは。今日はメルカリの半年間の成績を振り返ろうと思います。TVCMもバンバンやっていて、出した商品の大半が24時間以内に売れるとうたっています。

実際どうなのでしょうか?メルカリヘビーユーザーである私の感想は下記の通りです。

①出品はとっても簡単
出品ボタンを押して商品の写真を数枚撮ります。説明文と価格などを入力したら即出品です。商品がすぐに売れるかと言われれば、人気の本やマンガなどは当日に売れることが多いですね。一点不満があるとすれば、売上の10%が運営側に取られることです。500円の物を売って50円の手数料、送料を含めると300円も利益が残らないという感じです。家の不要な物を処分するだけでなく、お金がもらえるので悪くはないですが。。。

②購入はもっと簡単
購入ボタンをポチっと押すだけです。私の場合は、基本的に①の売上金を使用して購入するようにしています。メルカリで本を買って読んだらすぐ売る。というサイクルで書籍代がかなり浮いています。最近はメルカリカウルという本・マンガ専用のアプリができたので非常に便利です。これはメルカリ以上のヒット作でしょう。出品はバーコードを読み取れば入力はほとんど不要です。購入も同じ商品が値段別に出るので(Amazonマーケットプレイスみたいな感じ)、ポチッと最安値で購入です。

さて、2017年上期の成績を振り返りたいと思います。

売れた商品数27でした。内訳は、本・マンガ23点、ガラス1点、靴1点、服2点。大半が本で、メルカリカウルができてから本の売れ行きが良くなりました。

27点の利益は24,173円でした。4,000円/月でしょうか。あんまり多くないですが、売れるだけでなくて買えるのがメルカリのいいところ。

私の場合、売上の100%が(メルカリでの)書籍代・その他商品の購入に消えます。大体定価の半額前後で購入できるとして、4,000円/月あれば、8,000円/月の商品が買える計算です。つまり、8,000円/月の効果です。年間で96,000円!メルカリ結構やりますねw

他にも、家が片付くというメリットもあります。

計算すると、キャッシュフローという意味では、年間約100,000円の家計の足しになっていましたね。下期もガンガン売りたいと思います。

関連記事:ネット副業で月4万円稼げるのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする