2017年の年間投資成績

こんにちは。今日は2017年年間の投資成績を振り返ります。

2017年末日経平均株価終値:22,764円(対前年比+19.1%、対前月比+0.2%、)
私の投資年間利回り:+0.7%

しょぼい、しょぼすぎる結果です。12月最後の追い上げがなければマイナスでした。日経平均は2割アップ、更に主要国はすべからく株価上昇したという例年にない当たり年でしたが、残念な結果に終わりました。数百万円の資産(数=1〜9のどこか)なので、1%未満の利回りは意味がないと言っても過言ではありません。それでは、2017年を振り返ってみます

【1月】
東芝ショックがあり、チャンスと見て東芝株を購入。利回りも月間▲0%台でした。

【2月】

2016年4〜12月の決算暫定数字を発表した東芝株が暴落!。数千億円の損失がわかりました。株価も急激に下がり、損切りをしました。月間利回り▲2%。

【3〜5月】

毎月▲0%台の利回りでダラダラと下がり、年間利回りは2017年最大の対年初4%に。

【6月】

2017年初の月間プラス1%。理由は原油価格回復によるINPEX株の上昇です。上期を対年初▲2%で折り返しました。6月から、松井証券の投信工房(ロボアド)で投信積立を開始。金額は最低金額の1日100円!目標リターンやリスクなど簡単な質問に答えるだけで、理想のポートフォリオ(先進株投信◯%、国内リート投信◯%〜など)を作ってくれます。ポートフォリオ作成は無料です。あとは、積立金額を設定するだけで自動で投資できます。リバランス機能もできたみたいなので相当優秀です。手数料もファンドラップと比較しても破格の0.38%(2018年1月20日現在)となっています。

松井証券投信工房HPの画像です

引用:松井証券HP
https://www.matsui.co.jp/toushin-koubou/

【7〜8月】

上期好調だった日経平均も7〜8月は連続で前月比マイナスの動きをみせました。それにつられるように私の投資成績も2ヶ月で▲1%でした(対年初▲3%まで落ち込む)。

【9月】

原油が更に上昇し、INPEX様が再び上昇。買値から3割上昇したところで利益確定。複数単元を少しずつ売却していましたが、ここでおさらば。ありがとう国際石油開発帝石。月間利回りは+1%。

【10〜11月】

米国株につられ、日経平均も急上昇。10月に16営業日連続上昇というのがありましたね。この2ヶ月で10%以上上昇しました。一方で、さえない私の成績は、2ヶ月で+1%の利回り!日経平均上昇率の10分の1という驚異のポンコツぶりでした。

【12月】

12月が始まった時点で、私の年間利回りは▲1%。この市場環境で年間マイナスはやばい!ということで臨んだ最終月。原油価格がもう一段階上がり、JX様が買値からなんと+90%上昇。ここらで利確ということで、全単元売却しました。結果、年間を通してみると投資成績は0.7%でした。

さて、1年を通して自らの投資を見てきましたが、私のヘボさを原油価格が救ってくれたということでしょうか。原油価格が安い時に買っておいてよかった。

2018年の私の予想は、後半どこかで米国が息切れし、日本も影響を受けて下がるのではないかと考えています。まあ、トランプさん次第ですが。上期のどこかで日経ダブルインバースでも購入し、下落時に儲けようかな。儲けられたらいいな。と思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする