児童手当で大学資金500万円をカバーできるか?

こんにちは。今日は児童手当を運用することで、大学資金500万円をカバーしてしまおうという計画の途中経過です。

 

児童手当だけで大学を卒業させることができるのか?
こんにちは、今日は児童手当について考えてみたいと思います。 私自身も子供がおりますので、児童手当はかなり助かる制度だなあと思っています。 ...

 

 

児童手当は0歳〜15歳までの15年間に、一人あたり合計198万円もらえる(第1子、2子の場合)という制度ですが、現在コツコツと増やしています。

 

 

 

〜500万円を準備する方針〜
15年で利回り3%をキープすれば、198万円が15年後には250万円になる。残りの250万円は、昔(無知の頃に)誤って入ってしまった、個人年金を充当する。

全て松井証券で管理しており、現在の成績は、投資元本(受給分)に対して110%と好成績を収めています。投資方法は、①日本株(手動売買)、②全世界投資信託(松井証券のロボアドで自動)の2つです。

①保有する代表的な日本株
・みずほFG
・セブン銀行
・ヤマダ電機
・NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
・いちごオフィスリート

方針は明確で、10年以上の長期保有を前提に高配当のものを安値になったときに購入。例:原油が数年前に暴落した際に、原油関連株を購入(今は2倍以上になったので売ってしまいましたが)。トラブルや業績悪化、不祥事などで下がった際にも狙っていきます。

  

②保有するバランス投信(松井証券投信工房で運用)

引用:松井証券HP
https://www.matsui.co.jp/toushin-koubou/

・たわらノーロード先進国株式 25%
・SMTグローバル債券為替ヘッジ有 23%
・ニッセイTOPIX(国内株式)17%
・三井住友DC新興国株式 10%
・三井住友日本債券 5%
・eMAXIS新興国債券為替ヘッジ有 5% 
・たわらノーロード国内リート 5%
・たわらノーロード先進国リート 5%
・iシェアーズゴールド為替ヘッジ無(コモディティ) 5%

   

正直ポートフォリオの中身は知りませんが(笑)、リターン5.6%、リスク13.5%で設定しています。株式が大半なので積極的ですね(他人事)。現在は3.6%のプラスが出ています。こちらは毎日(!)数百円ずつ積み立てており、年に4回自動でリバランスしてくれます。

  

さて、現在の経過をまとめると、日本株とバランス投信積み立てで運用し、元本に対して110%となっている。現金は余らせているので、次のトラブル(今はトルコ?次期リーマン?)の際には積極的に投入し、子供を余裕で海外留学させられるくらいになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする